2016/07/14 10:21:14 |
カードローンの多くは借り入れの残高によって返済の金額が変わり、少額の借り入れに留めておくと一回あたりの返済金額が小さくなるようになっています。消費者金融も銀行も同様の仕組みを採用していますが、借り入れ先を選ぶ際に返済の金額を重視する場合には注意をしておきたい点があります。借り入れの残高によって返済額が変わるとは言っても、そこには金利は関係ないことがほとんどです。金利が低くても毎月の返済額が大きく設定されているカードローンがあり、しっかりと約定返済額に関する条件を見ておかないと借り入れ後の負担で困ってしまう場合があります。銀行のカードローンに多い部分であり、メガバンクのカードローンでも金利は消費...
2016/07/14 10:21:14 |
誰もが知るメガバンクも、個人向けのカードローンを用意しています。みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の何れもネットでの来店不要申し込みに対応をしており、来店をしたく無い方は時間がかかるものの郵送での契約も可能としています。メガバンクでの手続きは時間がかかり、面倒であるとイメージされがちですが、カードローンに関しては当てはまりません。3行とも条件次第で最短即日の利用開始、つまり最短即日融資も可能としているので、すぐにでも現金が必要な場合もメガバンクのカードローンで用立てられます。金利もメガバンクだけあって低い水準となり、みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランであれば他のメガバンクよ...
2016/07/14 10:21:14 |
借り入れの件数が増えてくると毎月の支払いが大きな負担となり、それぞれの返済日や返済金額の確認だけでも手間がかかります。もちろん金銭面でも負担がかかり、それぞれの借り入れ先への入金は毎月の約定返済金額がいっぱいいっぱいとなってしまうため、思うように借金が減っていかないのも問題です。払っても払っても借金がなかなか減らず、利息の支払いだけがかさんでしまうのが多くの借り入れを持ってしまった場合の問題です。何とか借り入れ先が減らせれば一気に借金返済も楽になるのですが、なかなかそう簡単に返すこともできずにとりあえずは毎月の約定返済額の入金を進めているといった状況の方も少なくないことでしょう。そこで考えてみ...
2016/07/14 10:21:14 |
カードローンを利用してお金を借りるためには、それぞれの借り入れ先の審査基準にクリアをしなければなりません。審査基準は公表されていないので詳しい内容は分かりませんが、一般的に借り入れが多かったり収入が低かったりすると審査には通らなくなります。また、過去の利用状況も審査では重要とされており、昔に返済に関するトラブルを起こしたことがあると信用情報機関にはネガティブな情報が記録されてしまうため、カードローンの審査には良い影響を与えません。大手の借り入れ先では信用情報が審査に大きな影響力を持つため、何らかのネガティブな記載があると審査通過が難しくなります。しかし、大手とは異なる審査基準を持つ中堅の借り入...
2016/07/14 10:21:14 |
急な出費やどうしても給料日までお金が足りないなど、少しの金額を借りたい場合に便利なのが消費者金融です。数百万円といったまとまった金額での借り入れには向きませんが、少額のカードローン利用であれば銀行よりも消費者金融の方が適しています。最近では銀行も手続きが手軽で早くなってきたとは言っても、やはり手軽さと早さの面では消費者金融に譲ります。消費者金融は大手であれば最短30分の審査回答、土日でも最短即日融資も可能としているので突然の要りようにも対応ができます。また、金利が高いとされている消費者金融も、返済を早める借り方であれば支払う利息は減らせるので、給料日前などの借り入れの日数が限定されている場合に...