少額の借り入れに留めれば返済の金額も軽い

カードローンの多くは借り入れの残高によって返済の金額が変わり、少額の借り入れに留めておくと一回あたりの返済金額が小さくなるようになっています。消費者金融も銀行も同様の仕組みを採用していますが、借り入れ先を選ぶ際に返済の金額を重視する場合には注意をしておきたい点があります。

 

借り入れの残高によって返済額が変わるとは言っても、そこには金利は関係ないことがほとんどです。金利が低くても毎月の返済額が大きく設定されているカードローンがあり、しっかりと約定返済額に関する条件を見ておかないと借り入れ後の負担で困ってしまう場合があります。

 

銀行のカードローンに多い部分であり、メガバンクのカードローンでも金利は消費者金融よりも低くても、毎月の約定返済額に関しては少額利用時は大きくなっている場合があります。一回あたりの返済額が多ければ最終的な支払い総額は少なくなるのですが、少しずつの返済しかできない方の場合には約定返済額はしっかりと見て借り入れ先を選びたいものです。

 

また、約定返済額が少ないとしても、任意での返済を駆使して支払いを進めていけば最終的な支払い総額は減らせます。金利が銀行よりも数パーセントも高くなっている消費者金融のプロミスでは、少額利用時の約定返済額は小さく設定されているために最終的な支払いは大きくなりがちですが、任意での返済を利用すれば負担が減らせます。

 

計画的に利用をすればプロミスで借りる即日キャッシングは便利なサービスとなるため、毎月の返済額を重視した借り入れ先の選定を進めている方は、プロミスでの借り入れを考えてみると良いでしょう。